2021年度鏡影会主催 講演会 ~怖い中国 もろい中国~

◆講演概要
講師:加藤青延(カトウ ハルノブ)氏(1954年卒 21回生)
1978年 NHK入局、香港、北京支局長を経て中国総局長、帰国後解説主幹などを歴任

現在:武蔵野大学法学部政治学科特任教授
   早稲田大学政治経済学部 非常勤講師

論文:内憂外患で揺らぐ習近平 2021年2月
  :中国「一帯一路」政策―その現状と未来他多数

著書:目撃天安門事件歴史的民主化運動の真相
   (PHP 2020年4月)他多数

内容:毛沢東並みの絶大な権力を掌握しつつある習近平果たして中国はこのままの勢いで世界制覇の野望を成し遂げるのであろうか。実は、独裁体制の下、膨張を続ける中国にも、致命的な弱点があることが見えて来た。中国が秘める強さと危うさを読み解く。

◆日時:2022年3月20日(日)
13:30 受付開始
14:00~15:30 講演・質疑応答
15:30~16:30 懇親茶話会
16:30 終了

◆場所:同窓会コモンズ4階 A、B室

◆参加費:無料
*講演終了後、同会場にて演者を囲んで懇親茶話会がございます。併せてご参加ください。

◆お申込みおよびお問い合わせ先
 ①メール:semminar@kyoueikai.com
 ②ファックス:03-6304-1602
*お名前・卒業年/回生・連絡先・人数をご記載ください。

◆申込締切日:2020年2月20日(日)
*コロナ対策の為参加人数に制限がありますので完全予約制とさせて頂きます。
*コロナの感染状況により開催の中止、実施方法の変更等があり得ます。この場合には参加される方々に別途ご連絡しますのでご理解とご協力をお願い致します。